組技経験のある柔術選手志向のあなたは
オススメ一週間の練習スケジュール
入会当初
月-19:30〜23:00 柔術→柔術スパーリング
水-19:30〜23:00 柔術→柔術スパーリング
金-19:30〜23:00 柔術→柔術スパーリング
土-15:30〜17:30 or 20:30〜0:00 柔術→柔術スパーリング

柔術の基本的技術修得後
月-19:30〜23:00 柔術→柔術スパーリング or 21:30〜 0:00 柔術スパーリング→柔術テクニック
水-21:30〜 0:00 柔術スパーリング→柔術テクニック
木-21:30〜 0:00 NO-GIテクニック→NO-GIスパーリング
金-19:30〜23:00 柔術→柔術スパーリング or 21:30〜 0:00 柔術スパーリング→柔術テクニック
土-15:30〜17:30 or 20:30〜0:00 柔術 

組技経験者の方も、柔術を始めた当初はそれまで習ってきた技術と大きく異なる(ように見える)柔術の技術に戸惑うと思いますので、上記上段のスケジュールで練習に参加すると良いでしょう。
レッスンにはできるだけ最初から参加してください。柔術には柔術特有の動きがありますので、疎かにすると丁寧に基礎を積んだ格闘技未経験者よりも技の習得が遅れることがよくあります。
しばらくすると柔術特有の動きにも慣れてくると思いますので、その後は、上記下段のスケジュールに移行していくと良いと思います。
基本的には、月水金の19:30からのクラスは基本を中心に、23:00からのクラスは少し進んだテクニックを教えています。
木曜日のNO-GIクラスでは、柔術クラスではあまり紹介しない、足関節技・首への直接の絞め技などを教えていますので積極的に参加してください。白帯〜紫帯では足関節技はアキレス腱固めのみの制限がついていますが、茶帯・黒帯では、ヒールホールド以外の関節技が解禁されています。茶帯になってから足関節技を習得しようと思ってもなかなかうまくはいきませんので、なるべく早い段階から足関節技に慣れていくことをお勧めします。

週に6日練習に参加することが理想的ですが、生活時間帯に制約が全くない方も稀だと思いますので、それぞれ自分にあった時間帯で工夫して練習に参加してください。