組技未経験で柔術選手志向のあなたは
オススメ一週間の練習スケジュール
入会当初
月-19:30〜21:30 柔術基礎
水-19:30〜21:30 柔術基礎
金-19:30〜21:30 柔術基礎 or 土-15:30〜17:30 or 20:30〜0:00 柔術 

レッスン参加回数が10回を越えてから
タイプA: 寝技強化
月-19:30〜23:00 柔術→柔術スパーリング or 21:30〜 0:00 柔術スパーリング→柔術テクニック
水-21:30〜 0:00 柔術スパーリング→柔術テクニック
金-19:30〜23:00 柔術→柔術スパーリング or 21:30〜 0:00 柔術スパーリング→柔術テクニック
土-15:30〜17:30 or 20:30〜0:00 柔術 

タイプB: 立技極技強化
火-21:00〜 0:00 NO-GIテクニック→レスリングクラス
木-20:30〜 0:00 立技基礎→NO-GIスパーリング
金-19:30〜23:00 柔術→柔術スパーリング or 21:30〜 0:00 柔術スパーリング→柔術テクニック
土-15:30〜17:30 or 20:30〜0:00 柔術 


NASCER DO SOLでは、組技未経験者の方には、レッスン参加回数が10回を越えるまでフリースパーリングへの参加を制限しています。これは、怪我の防止とモチベーション低下の防止を目的としています。
選手志向の方は、入会当初やる気が先行しているため、自分自身をコントロールできずスパーリングで怪我をすることがよくあります。また自信を持っておられる方も多く、いきなりスパーリングに参加すると(当然ながら)やられてしまい、自信を喪失しモチベーションを失ってしまう方も多くみられます。
そのため、まずは柔術の基礎技術をある程度まで習得していただくまでフリーのスパーリングには制限を設けています。
組技の経験がかなりあり、相当の強豪でない限り、スパーリングでは色帯の選手にはまず間違いなく勝てません。勝てたとしてもそれは相手がわざと抜いてやっている、もしくは体格差があるときくらいでしょう。
最初は、勝ち負けに拘らず、焦らずにコツコツと練習を重ねてください。次第に、技術も体力も向上し本当の強さも自信もついてきます。

レッスンへの参加回数が10回を越え、スパーリングにも参加し、柔術に慣れてきたら、自分の練習の目的に応じて少しずつ1週間の練習スケジュールに変化をいれていくと良いでしょう。
基本的には、月水金の練習にコンスタントに参加していれば、自然に良い柔術家に成っていくと思いますが、月水金の練習は、寝技のポジショニングの練習の比重が高いため、立技・極め技の技術修得に不足が生じる可能性があります。選手として活躍していくために、自分自身の技術に不足を感じたら、上記タイプA・タイプBのスケジュールを上手く組み合わせていくことをお勧めします。

基本的には、月水金の19:30からのクラスは基本を中心に、23:00からのクラスは少し進んだテクニックを教えています。
火曜日、木曜日のNO-GIクラスでは、柔術クラスではあまり紹介しない、足関節技・首への直接の絞め技などを教えていますので積極的に参加してください。
白帯〜紫帯では足関節技はアキレス腱固めのみの制限がついていますが、茶帯・黒帯では、ヒールホールド以外の関節技が解禁されています。茶帯になってから足関節技を習得しようと思ってもなかなかうまくはいきませんので、なるべく早い段階から足関節技に慣れていくことをお勧めします。

週に6日練習に参加することが理想的ですが、生活時間帯に制約が全くない方も稀だと思いますので、それぞれ自分にあった時間帯で工夫して練習に参加してください。