総合格闘技志向のあなたは
レイトタイム型
総合格闘技は基本的に、打撃(キックボクシング)・立技(レスリング)・寝技(柔術)が組み合わさって構成されていますので、必要な技術を吸収できるようなスケジュールを組みます。

オススメ一週間の練習スケジュール

タイプA: 週5〜6練習
月-21:30〜 1:00 柔術スパーリング→選手練習
火-21:00〜 1:00 NO-GIテクニック→選手練習
水-21:30〜 1:00 柔術スパーリング→選手練習
木-21:30〜 1:00 NO-GIテクニック→選手練習
金-21:30〜 1:00 柔術スパーリング→選手練習
土-15:30〜17:30 柔術→17:30〜19:00 キックボクシング
       or
  17:30〜19:00 キックボクシング→20:30〜23:00 柔術→スパーリング
       or
  20:30〜 1:00 柔術→選手練習

タイプB: 週3〜4練習
火-21:00〜 1:00 NO-GIテクニック→選手練習
木-21:30〜 1:00 NO-GIテクニック→選手練習
金-21:30〜 1:00 柔術スパーリング→選手練習
土-15:30〜17:30 柔術→17:30〜19:00 キックボクシング
       or
  17:30〜19:00 キックボクシング→20:30〜23:00 柔術→スパーリング
       or
  20:30〜 1:00 柔術→選手練習

タイプC: 週2練習
火-21:00〜 1:00 NO-GIテクニック→選手練習
木-21:30〜 1:00 NO-GIテクニック→選手練習



総合格闘技志向の方で、遅い時間帯から練習に参加する方は、上記のスケジュールがオススメです。
タイプA、Bのスケジュールでコンスタントに練習に参加できるのであれば、アマチュアの総合格闘技の大会に出場することも可能です。才能のある方ならプロのリングに上がることも夢ではないでしょう。
総合格闘技には、打投極の技術が必要なので、格闘技未経験者の方は、満遍なく技術習得ができるようレッスンに参加してください。経験者の方は、自分に不足している技術を中心にレッスン参加してください。